キャッシング 金利の差

キャッシング 金利の差

無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

キャッシング 金利の差

キャッシングの金利は無担保ローンからであったとしても、普通の担保ローンなどの金利に比べると、10〜20%と高くなっています。
ちなみに普通の担保ローンだと1〜6%です。
キャッシングは担保のあるローンに比べると、無担保で借りられるのでリスクはやはり高くなってしまいます。
無担保ローンのキャッシングだと、契約者本人の信用が担保となっているのです。
2006年までは、金利の上限を違反した場合に、金利制限法と処罰対象との金利に差があり、これを金利のグレイゾーンと呼んできました。
しかし、2006年の貸金改正法により、上限金利が20%になりました。
お金を借りる側からすると、キャッシングは高金利ローンと言えますが、簡単便利にお金を借りることができるので、利用価値も高いと言えます。
また、無担保ローンの場合には、それぞれの金融会社で金利も変わってきます。
以前では年率10〜20%となっていましたが、今では、金利も低くなってきて、年率で5〜8%というものもあります。
また、限度額も50万円というのが多かったのに対し、今では、最大500万円という設定を出している金融機関もあります。
どちらにしても、キャッシングの金利は高いので、必要な時にだけ使うようにしましょう。

 

ニキビ跡を消す
ニキビ跡を消す方法

メニュー

サイトマップ

Copyright(C) 2016 キャッシング審査やローンについて All Rights Reserved.