キャッシング 改正貸金業法

キャッシング 改正貸金業法

無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

キャッシング 改正貸金業法

キャッシングが浸透してきたことや、利益を求める消費者金融などにより、以前は金利の設定がグレーゾーンに設定されることが多く、多重債務に陥る人が増えているという状況が生じていました。
それで、2006年に改正貸金業法が制定されました。
この改正貸金業法は以下の点が含まれています。

 

@貸金業の適正化により、資本金を5000万円以上とする
A出資法の上限を29.2%から20%に引き下げて日賦貸金業者と電話担保金融の金利特例を廃止する
B無登録金融営業の罰則を、懲役5年を10年に引き上げる
ということを追求しています。
この改正貸金業法が施行されたために、キャッシング、無担保ローンなどの金融会社は大きな影響を受け、業績も悪くなりました。
しかし、その後に統廃合などを経てだんだんと落ち着いてきました。
このような過程の中でキャッシングの金利は下がってきたようです。
さらに、銀行などもカードキャッシングを提供するようになり、金融業に影響を及ぼしてきていると言えます。
キャッシングにおいては、金利が低いほど良いといえるので、このように金利が下がってきたのはうれしいことです。
しかし、キャッシングは借金であり、緊急にお金が必要になった時以外は安易に使うことを避けるのが賢明だと言えます。

 

簡単にキャッシングできますが、繰り返しキャッシングしていると返済できなくなる危険もあります。
それで、十分に気をつけて利用していくようにしましょう。

 

動脈硬化の予防
動脈硬化の予防にレシチン配合サプリメント

メニュー

サイトマップ

Copyright(C) 2016 キャッシング審査やローンについて All Rights Reserved.